アラサー看護師の初めての婚活を綴るブログ

初めての方はこちら(まとめて読めるよ)

どうして彼氏が出来ない?の巻16


明子:「今家着いたよ😁こちらこそありがとう!楽しかったねー!!うん、また遊ぼうね♪明日早いのに遅くまでごめんね🙇‍♀️」

 

と無難に私は返事をした。


さあどうなる、私の片想い…
そんなことを考えながらその日は眠りについた。

 

翌朝、目が覚めると早朝から雄大から
LINEが届いていた。

 

雄大:「おはよー!翌日仕事なのは気にしない(^^)俺タフやし!今日はお互い仕事頑張ろう🌟次は本貸してあげるからねー!また予定合う日ご飯行こうよ!!!」

 

つ…次があるのですか?!
そしてそして本を貸してくれるということは

その次もあるということでいいですか

先生?!

f:id:konkatsuakiko:20181215210008j:image
この日くらいから私は雄大からLINEが届くと

軽く悲鳴をあげるという本当にやばい女になっていた。


LINEが届くことが嬉しすぎた。
こんなにもLINEが楽しいと感じることは

今までなかったし、現在までに雄大を超えた人はいない。

 

明子:「えー!めっちゃ嬉しい*\(^o^)/*昨日の仕切り直しもしないとだし、友達にも予定聞いてみるね!」

 

今思えば、なぜまたここで友達入れようとしてんねんワイ…である。

 

雄大:「任せなさい!せやね〜!友達にも聞いてみてー*\(^o^)/*」

 

自分が幸運すぎて、突然死しないか心配になってきた。