アラサー看護師の初めての婚活を綴るブログ

初めての方はこちら(まとめて読めるよ)

どうして彼氏ができない?の巻11


明子:「えー!ごめんなあ。先に観ちゃったわあ(笑)」

 

むしろいっそのことまだ観てないとでも言っておいたらよかったのに!

この私のバカ!!!!!


と悔やんでいた。

 

雄大:「そういえばさ、今日友達20時に来るんだっけ??」

 

明子:「そうだよ!」

 

雄大:「そっか、、、20時に出てきてもらっても、次の日仕事早いから2時間くらいしかおられへんけど、ええんかな?わざわざ出てきてもらうん申し訳ないよな、、、」

 

え…2人でこのまま飲んでおきたいってことですか…?!?!と思ったりもしたのだが、

やはり、この私。

 

明子:「帰り道で梅田通るから大丈夫だよ!!!」

 

と言ったのだった。


19時になった。お店に到着して1時間が経過。
ちょうどその頃に雄大が食べたい、と頼んでいた鍋が届いた。

f:id:konkatsuakiko:20181210232650j:image

 

鍋と材料が別々に来て、自分たちで材料を入れていくスタイルだった。

ここに来て価値観の違いが発覚。

(完全に私が悪い)

野菜をドバっ、肉をドバっと入れたい私に反して、雄大は丁寧に盛りつけながら入れたいようだった。

私が豚肉をドバッといれてしまったので、肉塊のようになってしまった。

 

 


携帯を見た。すると、19:30に仕事が終わるはずの友達からLINEが2通届いていた。

 

18:37)

友達:「もう終わったよ〜〜!」

 

19:02)

友達:「梅田に着いたけどどこにいる? 」

 

えっ…20:00に梅田だったんじゃなかったの?!
この店、席数増やせないってことも話してたし…
どこにいる?って店のURLも送ってるんだからそこに決まってるじゃん…
お鍋も今来たばかりだしそんなすぐは合流出来ないんだけど。。。
ただただ私は困惑していた。