アラサー看護師の初めての婚活を綴るブログ

初めての方はこちら(まとめて読めるよ)

どうして彼氏ができない?の巻⑨


私は雄大と合流した。

 

明子:「久しぶり〜!!って意外と背高いんだね!!!! 」

 

初めて出会った時は座ったままずっと話していたから、身長感がわからなかった。
実際雄大は178cmあった。

f:id:konkatsuakiko:20181209104141j:image

久しぶりの再会、そしてまさかの高身長。

思わずタキってしまう。

 

雄大:「久しぶり!元気してた?」

 

明子:「うん… 」

 

だめだ、緊張しすぎて話題がない。
当時私は好きな人というかもはや男性と2人でご飯に行くということに慣れてなかった。慣れてなかったというより慣れなすぎの方が正しいだろうか。

ちなみにこれが男性と2人でご飯に行った、初の症例。


明子、フィリピン人に恋をするの巻① - 看護師がマジで婚活やってみた


そして、雄大は2番目の症例だった。

 

 

お店に着き、カウンター席に案内された。
ここでカウンター席の素晴らしさに気付くことになる。
顔を見なくて済むし、緊張もほぐれる。

途中で雄大は私のタイプについて聞いてきた。
きっとモテるかわいい女なら
「え、、、?雄大くん♡」とかぬかしたことを言うんだろうけどそんなことを私は言えるわけもなく。


明子:「そうだなー。尊敬できるとこがある人かな?」


とこれまた別のぬかした解答をしてしまった。。。


実際のタイプなんて、
色白で、非喫煙者で、大卒(国公立なら最高または有名私立大学)、大手企業勤め、高身長、見た目もかっこいい(私には独特の見た目のタイプがある)、一途な人だ。多分この世に存在しない。
それをこのどストライクの見た目の人には言えない。
彼は高卒だし、まさかの喫煙者だ…
見た目がどストライクだったのでそこはスルーしたのは間違いないのだけど。