アラサー看護師の初めての婚活を綴るブログ

初めての方はこちら(まとめて読めるよ)

好き連呼男③

1時間半ほど経過し、私は隆之の「そういうとこ好き 」攻撃を交わしながら普通の会話を続けていた。
もはや自分の中で「そういうとこ好き」を言わせないゲームと化していた。
それにもいい加減疲れてきたので
そろそろ出ますかということになった。
そういえばトイレに行きたいな…と思い、我ながら本当に狙ったようなタイミングになってしまったが


明子:「トイレ行ってきます 」


と言い、トイレへ向かった。
トイレへ向かっている途中で、隆之の「お会計お願いします」が聞こえた。

 

f:id:konkatsuakiko:20181127231502j:image


おおおぉ!済ませてくれている!とトイレに行きながら感動していた。

さすがに気持ち悪い人でも、それが出来たら多少はタキる。(⚠️その人に対してはタキってない)


トイレから戻り、店を出ようとなった。
一応支払い終わってることを知らない私を演じて


明子:「あれ?お会計は…? 」


と我ながら抜かした発言をした。


隆之:「あ、もう済んでるから。」


明子:「えー!払いますう。。。 」


婚活あるあるのこの流れ。


その時だった。


隆之:「あ、じゃあ二千円でいいよ。」
えっ…
わかっていただけるだろうか、この違和感に…