アラサー看護師の初めての婚活を綴るブログ

初めての方はこちら(まとめて読めるよ)

職場からの紹介12

HUBに着いた。
その日はサッカーの試合をやっていて、周りはイケイケな男女ばかり。
明らかに私と土田はHUBで浮いていた。
HUBのお酒はおいしい。たくさん飲める。
だが私はレギュラーサイズを1杯とフィッシュ&チップスだけをオーダーした。
なぜなら一杯だけ飲んですぐに帰りたかったから。
土田は飲むペースが早く、すぐに一杯飲み終えてしまった。

 

土田:「次頼んできます。 」

 

えぇ〜〜まだ飲むの?会話全然楽しくないじゃん。帰ろうよ、、、
私たちがした会話の内容はというと仕事にやり甲斐ががあるのか→土田はNOと答えていたくらいで、あとの時間は全てサッカー観戦をしていたほど無言の時間を過ごしていたのだった。

 

f:id:konkatsuakiko:20181109101350j:image

 

我ながらHUBを選んだのはナイスだと思った。サッカー本当にありがとう。これがなければ無言の世界だったよ、、、

 

土田:「HUBのポイント貯めますよ。」

 

と言って土田は私のカードのポイントを貯めてくれた。
戻ってきてカードを返された。
カードを財布にしまおうとしたら

 

土田:「まだ飲むし、置いておいてください。」

と言われた。

 

はあぁあぁぁあああ?!
まだ飲むつもりなのかよ!てめえ!
私といて何が楽しいんだ!!!!
私は全然楽しくないし、この30分であなたのことで知ったことと言えば32歳ってことと、関大卒ってこと、サッカー観るのが好きってことくらいなんだよ!!!!帰りたいんだ!!!わからないのか?!?!?

 

けど、メンタルが弱そうだったからそんなこと本人に言えるわけもなく(刺されるのが怖いお年頃)
私は静かにため息をつくのみだった。