アラサー看護師の初めての婚活を綴るブログ

初めての方はこちら(まとめて読めるよ)

職場からの紹介⑩

私は見つけてしまった。
想像以上にオタクな見た目の彼を。
そしてオタクの中でも
とにかく明るいオタク

f:id:konkatsuakiko:20181107075640j:image

ではなく絶対根暗なオタクだ。

超絶気持ち悪い。

もう帰りたくなった。
けど帰れない。先輩のお知り合いの方だ。
そして私も来てしまったのだ。

 

明子:「初めまして〜明子です! 」

 

土田:「あ、は、初めまして。土田です。」

 

緊張しているからなのかそれとも私のことが嫌だったのかわからないが、私は謎に見つめられていた。

 

心の中では、まじこいつと今から時間使うくらいなら今すぐ家に帰りたい。どうしよう、、、
どうせお店も考えてないよな。
短くいれるところ。どこかな。。。
そうだ!HUBだ!

HUBに行こう!

と思っていた。

 

明子:「どこ行きましょうか?」

 

土田:「あんまり梅田詳しくなくて。わからないんですよね。」

 

でしょうね。想定内。

飲みに行くことなんてあるんすか?普段。状態だし。
まあ普通なら詳しくなくても梅田で飲むって決まってるなら目星はつけるはずやねんけどな!
普通の男ならな!!!!!
ムカついたが相手は先輩の知り合いだしオタクだ。逆上されて刺されたら怖い。

見た目静かなやつの逆上には目を見張るものがある。

 

明子:「あーそうなんですねぇ、、、じゃあHUBに行きませんか?」

 

私はHUB行きを提案した。