アラサー看護師の初めての婚活を綴るブログ
マッチングアプリ・街コンをメインに奮闘します!

初めての方はこちら(まとめて読めるよ)

【婚活看護師目線のできる男の特徴!】次に繋がるデートの3つのススメ


f:id:konkatsuakiko:20180604224922j:plain
裕子:

明子〜、この前言いよった医者とのゴハン、どうやったん?

明子:

ちょ、まじ聞いてほしい。当日さあ、予約してなかったんだけど!

裕子:

え!ありえへん。なんで?好きな食べ物とか聞かれんかったん?

明子:

なんも聞かれんかってん。おまけに当日は金曜日の夜ですよ、当然、どこも満席やねん

結局、30分くらいぶらついてやっと入れた居酒屋だったんだけど!

裕子:

いくら医者でもそれはありえんな。


 

 

 

 

恋とは、ため息でできた煙のようなものだ。
Love is a smoke made with the fume of sighs.

 

 


シェイクスピアの言葉です。

目に映るものがすべてではなく目に見えない過程にこそ

男女の駆け引きは成立するもの。

 

 


ごきげんよう。
毒舌婚活アラサー看護師の明子です。


婚活中、マッチングアプリや街コンなどで知り合った異性と連絡を重ね仲が深まると、食事の約束をして初デートという展開。皆さんも一度は経験したことあるのではないでしょうか。

 

 


どんな相手なんだろう、どんなデートになるんだろう、と胸を膨らますお食事デート。

 

一方、初デートまでに、

「この人はあかんな」「行きたくないな」と思われる男性の行動もあるのです。

 

 


今回のケースのように、いくらハイスペックといえど、当日のデートや食事デートに至るまでの過程でスマートさが欠けていたりすると女性の心は心肺停止、いえ、鎮火してしまうもの。

 


婚活女子は何を望み、どうすればスマートな初デートができるのでしょうか。はたまた、もう2度目ないな、ありえへん!処方箋出しとくんで次からは違う病院行ってくださいと思われるのはどんな行動なのでしょうか。



ちなみに、お店選びや初回デートがうまく行く男性は、仕事も順調な人が多いのだそう。私の周りの婚活女子の話を聞いていてもそれは当てはまります。

言うなれば、

当日のデートを制するものは

その女を制する

と言っても他言ではないのです。

失敗しにくく次に繋がりやすいデートとは何か。スマートで仕事がデキる男性は一体何が違うのか。今回は婚活看護師の明子の目線でご紹介ましょう。

 

 

 

 

 

1.【誠意】当日「どこ行こか?」はありえない。デートの予約はマスト


お食事デートで店の予約は必要不可欠。ましてや、デートの約束をしがちな金曜日や土日祝日などは人が多かったり、なかなかお店に入るまでに時間がかかったりするもの。

  • 「初めて会う相手だから好みや雰囲気がわからんねん・・」
  • 「一緒に選びながら行った方が失敗しにくい!」


それは、単なる想像にすぎません。
はい、処方箋。

妄想鎮静剤。

女性は、自分のことにどれほど真剣になって考えてくれているか、当日のデートを楽しみにしているかというその気持ちが見えるだけでも心惹かれ、タキッたりするもんですよ、患者さん。

そうそれは、いくらスペックが自分好みの相手でなかろうとも。

本当に相手が自分のことを考えてくれている!そう思った時に心が動き、周りを動かす。AED以上の心肺蘇生が発揮されるのです。

f:id:konkatsuakiko:20180604225820j:plain


コースを予約せずとも席の確保だけで構いません。


それこそ、当日に、メニューを選んだり、する会話は楽しいのです。

女子はそこも楽しんでおり、副交感神経安定しまくりのひと時なのです。


ゆっくりと落ち着いた空間でお互いのことを少しずつ知れる時間を取れる為にも予約はするように!誠意を見せる為にも予約は【必須】項目。

つべこべ言わずに

はい、予約。

 

 

2.【気遣い力】お店選びの連絡も楽しんで!女性の好みを聞くべし

 

わかっていますか男性の皆さま。女性は、デートの日時が決まったらウキウキしながら当日を待っています。リードされたいという潜在的な女心。

相手はどんな人だろう。お店はどんな感じなのかな、当日意気投合して盛り上がっちゃって告白されたら、、、はあ、プロポーズされたい。とりあえず、スカート着て行こうかな、メイクはどうしよう??

 

女子は考えることがいっぱいあるのです。

 

f:id:konkatsuakiko:20180604225245j:plain

 

そんな乙女心に答える男性は株価が上がることは間違い無い。

必ず「食べたいお店ある?」「いきたいお店あるかな?」と聞くよう。

はい、処方箋。

 

 


また、「イタリアン」と答えた場合、

パスタが好きなのか、ピッツァが好きなのかドリアが好きなのかタバスコが好きなのか、初恋の相手はピザ焼き職人のだったのか、わかりません。

 



「和食」と答えた場合、

お寿司が好きなのか天ぷらが好きなのか。はたまた、そば、豆腐料理が食べたい!

お母さんの味噌汁が飲みたい!なんて場合もあるのです。

実は、一言に好きな食べ物を聞いた段階では判断できないことが多くあります。

 

 


さりげなく、

 

  • 「イタリアンってことはチーズが好きなの?それともパスタみたいな感じ?まさか、初恋の相手はイタリア人だったの?」
  • 「美味しいお魚と、天ぷらどっちの気分?それともあっさり系かな?お母さんの味噌汁飲みたい気分なのかな?」

などちょっと踏み込んだ2度目の質問がデキるとなおさらベストです。

デキる男は、相手の言葉に隠された本質的な欲求を読み取り、それに沿った質問をする。相手の立場になって物事を考えられる気遣い力があるのです。

周りのドクターを見ても思いますね、看護師に、人気のある医者は気遣いができて優しい。

まあ大概、そんなドクターは早々に美人な医療従事者と結婚して、待ち受け画面は子供の写真と、絵に描いたような幸せな家庭築いてますけど!!

 

 

 

3.【リード】何もかも任せないで!最終決定は女性。その他は男性。

デートの日時が決まったら、それではまたねと連絡を切ったり、お店のことは当日考えればいいやなんて、思っていてはいけません。はい、処方箋。決断力促進剤。

  • 「あまりお店知らないから」
  • 「お店選びに失敗したらいやだから」


そんなことをしていると、女性の気持ちは

どんどんブラディ(脈拍数が低下)していきます。


「自分とのデートはそんなに楽しみじゃ無いのかな?」
「何人かいる女の子のうちの一人なのかな」

積極性や決断力がなく、誘った相手を喜ばせる為に努力をしない男性を見て女性は不安が募ってしまいます。「女性に合わせた方が失敗しなくて良いでしょ!」と思う人もいるかもしれませんが、
結果的に、ただ楽をしている、考えるのをやめてしまっているように思われて脈拍数の上昇は望まれません。


どんなお店でも、

一生懸命選んでくれたのだな。

という気持ちが伝われば女性が十分なのです!

 


女性の好みに合わせるだけの男性は、ただの優柔不断。周りの仕事のデキる男性はここぞという時に、「決断力」がずば抜けて高かったりしないでしょうか。ピンチもチャンスに変えることができる。急患患者が慢性患者となり、利益向上につながる。

 

それが「決断力」なのです。

さりげなくリードして、積極性を見せれるお店選びをして婚活女子の心をバシバシ掴んでいきましょう。

まとめ

婚活女子に限らずとも、女性とのデートで、何をすれば満足をするのか、喜ぶのか、
それは人と人との関わり合いでつい忘れてしまいそうな「さりげない気遣い」に隠れていたりするものです。

例えば、

 

次の日が仕事の女性を夜遅くまで付き合わせること、ヒールを履いている女性をかなり歩かせるようなお店選びをしてしまうこと、女子の初恋の相手はのPaulと決めつけ勝手に落ち込んだりすること、

 

これらもNG行為です。

 

 

f:id:konkatsuakiko:20180604225937j:plain


相手の立場になって、「これが大変そうだな」「こうしてあげた方が喜ぶかも?」「もし自分がPaulだったらどんなレディーファーストをこの子にするのだろう?」そうした思いやりと気遣いを持った対応と男性らしい積極性を見せていけば、きっと女性の心は動きます。

 

そして、自然と仕事もデキる、女性にモテる最強のメンズとなることは間違いない、世の中、顔ではありません。

男女の成婚率が1%でも多く上がりますように。