アラサー看護師の初めての婚活を綴るブログ
マッチングアプリ・街コンをメインに奮闘します!

初めての方はこちら(まとめて読めるよ)

33歳年上のおじさんにガチ告白された話⑩ 〜ついに告白された!!!!!!〜

富雄はバツイチだった。

f:id:konkatsuakiko:20180817221158j:plain

 

26歳ごろに結婚した人とすぐに別れそこから30年は独り身だったそうだ。

 

 

もちろんその間にバブル男児らしく豪遊に豪遊を重ね

数々の女をたぶらかして来たわけである。

 

 

私は仕事も波に乗り始め、忙しく毎日を送るようになった。

 

 

 

秘書という仕事は一見華やかに見えるが地味な仕事がほとんどだった。

 

f:id:konkatsuakiko:20180825210514j:plain

しかしながら、部署を跨いでやる仕事も多く、出張に出かけたり、地方のテレビ取材に対応したり 広報や新卒採用と幅広く仕事を手がけ始めるようになった。

 

 

 

もともと仕事人間なので生きがいの仕事が楽しくなると、もちろん富雄と飲みに出かける回数も減った。

 

 

 

私はなんとも思っていなかったが、富雄は寂しかったようだ。

 

 

 

 

私はだんだん、毎日のラインがうっとおしくなって来て

ほとんど返事をしなくなっていた。

それと反比例して、富雄からのラインは頻繁に増えて行った。

 

 

 

ある日、富雄から連絡が来た。

 

 

 

富雄:

調子はどうだ?

 

 

私は返事をした。

 

 

 

裕子:

今まで、仕事がいやで生きるのもいやで辛かったですが

富雄さんのおかげでやっと自分を取り戻せました。

ありがとうございます。

 

大学に行かせてくれて、今まで育ててくれた親や周りの人に

恩返しができるよう ちゃんと生きようと思いました。

 

富雄からきた。

 

 

 

f:id:konkatsuakiko:20180825210554j:plain

 

 

富雄:

なんにも言えん、 親には感謝やな。

僕な、ゆうさんが気になるんよな。

それは娘としてかもしれんし、女としての意識かもわからん。

でも、大切にする。

綺麗になったし、ゆうさんが着る服がちゃんとしてるのもいい

 

 

 

 

 

 

 

ついに告白された。

f:id:konkatsuakiko:20180825211003j:plain

 

 

 

f:id:konkatsuakiko:20180819193125j:plain