20代看護師の初めての婚活@婚活グラム

婚活コラムはこちら

アムウェイ疑いバンカー男(13) 〜サンカイメのデート〜

f:id:konkatsuakiko:20180528225500p:plain

フットサルを2時間観る羽目になった。


しかもひろきからiPhoneを渡された。

ムービーを撮ってとのことだった。

 

何様だよてめえ。

 

と思いながら結局男に尽くしがちな私は黙って2時間ひろきのことを撮り続けた。

 

3月の初旬、寒空の下だ。さすがに普段暑がりの私も寒さで凍えた。


それなりにひろきは活躍していたが1ミリも心が揺れることはなかった。


もしこれが初回のデートだったら迷わず何も言わず帰り、

ひろきのことをブロックしているだろう。

 

ただ、3回目のデートだったし、

今もし私が帰るとひろきに迷惑かける分には問題ないが、

相方くんにも迷惑をかけてしまう。

 

それだけは避けたかった。

 

 

 

 

 

数ヶ月が経った今、

思い返すと全然帰ってもよかったよなとは思う。

 

今後はこんな扱いを受けたら、

相手の友人にもなりふり構わず迷惑かけて帰ろうと今は思う。。

 

フットサルの合間に幹事が私に話しかけにきてくれた。


幹事は国立大卒で、なかなか賢そうな人だった。

見た目も身長は小さいが悪くはない。
だが、彼女がいて、同じ看護師だそうだ。チーン。

乗り換えようかと一瞬思ったのも束の間だった。

 

幹事
アッキーナ!今度お茶行こうよ!!!


・・・お茶?お茶に行こうと誘うのは、

裕子から学んだマルチの可能性だ。


やっぱりここに来ている人たちは全員マルチだ!

私は完全に包囲されている!!

 


パニックだった。


フットサルメンバーはお互いを名前とは

関係のないあだ名(味噌や醤油など)で呼び合っていてなおさら怪しかった。


ほぼ無理矢理私は幹事とLINEを交換させられた。