20代看護師の初めての婚活@婚活グラム

婚活コラムはこちら

マルチ女⑧〜2:1での勧誘に戦う裕子〜

f:id:konkatsuakiko:20180513234039j:plain

当日。

Mとは普通に会ってランチをして、久しぶりだねとか、お正月は何をした、誰に会ったとか
いうたわいもない話をして終わった。


案ずるより生むが易しとはこのことか。

 

私の毅然とした態度を見て、勧誘はやめたのだ!!!、と調子に乗り、

明子、妹、男性友人に何もなかったことを報告をした。


しかし、


数時間後。

 

その勘違いは覆される。

 

 

M:
ユウコリン♡今日はありがとう!
実は今日渡したいものがあったのに忘れちゃった。
また、●日の夜とかご飯でもして、会えないかな?


戦闘精神に火がつく。

 

 

裕子:
ごめん。夜は毎日忙しい。渡したいものがあるなら今日受け取りに行くよ?


M:
渡すついでに話したいこともあるから会いたいんだけど。。

 

 

 

 

私は、もうこの戦いを終わりにしたくて渋々了承した

 

ただし。
・会う時間は昼間
・会う場所は私が指定した場所。

この条件を飲んでもらった。


対戦当日。

 

Mの最寄り駅まで行くのは絶対に嫌だったので、

中間地点の人通りが多い駅のドーナツ屋を指定した。

 

私は意気込んでいた。
そして携帯のボイスレコーダーでいつでも録音できるように設定した。

 

M:
ユウコリン!久しぶり!ごめんね〜。

 

裕子:
全然いいよ!

 

これがノーと言えない日本人の実態なのだと顔で笑い、心で怒りながらMとたわいもない話を30分ほどした。

 

Mは突然、改ってこんな話をし始めた。


M:
ユウコリン、前、副業してるって言ってたじゃん?それってまだ続けてる?

 

私はIT系の会社で専門分野のソフトが使えるので、時々、フリーランスの友人から仕事を分けてもらい
お小遣い程度の仕事をしていた。
それを最初のダーツパーティーの時に話したのをMは覚えていたのだ。


裕子:
うん。時々しているよ。でも本業が忙しくてほとんどできてないなあ。

 

M:
実は、私も副業してて、今日はユウコリンも一緒にできないかなあ、と思って、その話をしに来たの!!


(裕子:わかってはいたけどこんなバカっぽい勧誘の仕方、ほんまこいつアホやな。)

 

裕子:
なになに〜?

 

M:
私はまだ始めたばかりでうまく説明できないんだけど、、、、

実はこの副業で成功した人が実は今日、近くまで来てるの!!!
その人は、このビジネスで月100万円も稼いでるの!!(キラキラ)その人呼んでいい?


裕子:
いいよ!

 

(はい来ました。ボイレコ設定〜!)

 

 

そしてMは電話をして、このビジネスで成功したというSさんを電話で呼んだ。

 

そもそも、この話をする前提でSを予め呼んでいたという手口が
グーグルで検索をした通りで私は、はい、引っかかりましたね馬鹿なやつめ。と思っていた。