アラサー看護師の初めての婚活を綴るブログ
マッチングアプリ・街コンをメインに奮闘します!

初めての方はこちら(まとめて読めるよ)

小籠包男(3)~ハッピー勘違い野郎リュウ~

f:id:konkatsuakiko:20180213142931j:plain

 

そして次の週末にご飯に行く約束をとりつけた。

 

友人と他に幼馴染の友人たちにも飲料メーカーと勝ちが確定したこと、

しかも素で勝ち確定できることを報告した。

 

彼とのLINEで2日目に気づいたのは、
彼はどの時間帯に連絡しても、数分以内に既読がつき、数分以内に返事が返ってくること。

 

平日9-17時は勤務しているはずなのに本当にどの時間帯でもだ。働いている時間のはずなのに。


私は友人からの連絡は待てないタイプであるが、男性からの連絡の速さにはうんざりするタイプだ。

 


自分自身が職業柄勤務中に連絡はとれないため、勤務中に連絡がとれる男=何してんだ?と思うわけである。
営業などの職業の方ならまだわかるが、彼は飲料メーカーの事務のはずである。

 

 

友人にそのことを話すと、私がトイレに行ってる間に、
飲料メーカーは今閑散期で暇、同僚と恋バナや野球の話ばかり勤務中にしているということを話していたということを教えてくれた。

 

もしかしたらろくな飲料メーカーではないのかもしれないことが浮上してきた。

 

 

 

LINEでリュウにどんな人がタイプか聞かれた。

 

 

実際は

知的で、身長が高くて色白、そして寡黙ではないがうるさすぎない人、そして有名企業に勤めている人である。
もちろん顔面偏差値も60くらい希望という27歳のくせに全然現実をみれてないものである。

 

 

そしてリュウは顔面偏差値50の芸人顔、色黒、合コン中は寡黙っぽかったがLINEの感じではすごくうるさいようだった。

 


どう考えてもタイプとは程遠かったのに飲料メーカーだけが気に入っていたので、
リュウには自分でもあまり明確になってないんだけど嫌いなタイプは謝れない人かな、と答えておいた。

 

我ながら質問の答えになってないやんけ、と思う。

 

それでもリュウは

 

リュウ:
なるほどなー。自分の非を認めない人っておるよなー。(笑)この人いいなって思ったら好きになる感じやね

 

と勝手にプラスの解釈をし、なんならプラスαついた返事がきた。

 

アッキーナ:
職場にもそういう人おるんよね、いつか謝らせてやりたいと思っている

 

 

 

リュウ:
同じく!信念と野心を擦り合わせながら頑張ってると言ってきた。

 

 

信念と野心を擦り合わすってなんなんだろう・・・。

 

一歩譲って、いつでもLINEみてるこの男に仕事に信念と野心なんてあるのだろうか。

ついでにリュウのタイプも聞いておいた。

もう勝ち確定してるので私を表したような答えが返ってくるのはみえていたが
聞かれたら聞き返すがマナーである。街コン中にも言っていたとおり

 

リュウ:
好きなこととか嫌なこととか溜めずにストレートに言ってくれる娘かな?性格は気が強めな感じなら尚更ベストかな!

 

 

とのことだった。

今度は絵文字に虹やアゲアゲな⤴️を使っていた。

 

今思い返すとストレートに言うことも性格ですよね、これ。

それに対して

 

アッキーナ:
溜められて爆発されたことあるん?気が強い人好きって珍しいよね

と返したら

 

 

リュウ:
ちゃうよ!その逆はあるけど。俺自身も溜めるん嫌やからさ。(笑)
アッキーナが気強いって言ったとき
一瞬ニヤってなってもうた。笑

 

 

 

キスしている絵文字つきで返事がきた。

 

この頃からリュウのドM説が浮上していた。

 


と同時にリュウも爆発したことがあるのか。へぇーとなった。

 

 

アッキーナ:
まさかの自分が爆発パターンなんやね笑

 

と返したわけだが

 

リュウ:
俺もした事ないし、相手にもされたこともないんやけど逆にそれが怖いというか。笑

 

 

とまさかの返事がきて会話が読めなくなってしまった。会話が成り立たない。

 

 

そのあと私の本名の話になり、明子で嫌いなこと、70代80代で流行っていた名前のようで
毎日職場で自分の名前を呼んでいることを話した。

 

するとリュウは

 

リュウ:
かわいい名前やん、気が強く頑張ってる明子さん素敵やと思うで

 

とハートマークつきでいってきた。かわいい名前なわけはなく、嫌いと言った矢先に明子と呼んできたあたりにそろそろイライラしはじめた。可愛い名前っていうのは、まりとかまみとかその辺だと私は思う。

堅苦しい名前だし好きではないことを再度伝えた結果

 

 

リュウ:
全然俺はそう思わへんけど!素敵な名前やん♬俺は好きやで!

 

 

と、どさくさにまぎれて好きと言われた。

 

 

でも私からしたらてめえの明子が堅苦しいとは思わないというのはどうでもいいし
なんなら明子という名前が好きとかはどうでもいい。

 

私が私の名前が嫌いということだけを覚えておけ、ということを伝えたかったのに。

 


こいつもほんとハッピー野郎なんだなと確定した。

 

 

 

小籠包男シリーズ

小籠包男(1)

小籠包男(2)~勝ちが確定する~

小籠包男(3)~ハッピー勘違い野郎リュウ~

小籠包男(4)~法隆寺~

小籠包男(5)~彼氏面をするリュウ~

小籠包男(6)~駆け引きするリュウ~

小籠包男(最終話)~リュウにトドメを~