アラサー看護師の初めての婚活を綴るブログ

初めての方はこちら(まとめて読めるよ)

婚活

どうして彼氏が出来ない?の巻15

ちっちゃなバーで2時間過ごした私たちはそろそろネタ切れとなってきていた。少しチャラそうに見える雄大は 意外にも読書が趣味らしい。 昔はよく本を読んでいた私だが、 最近は毎日を生きることに必死すぎて、 本なんて全く読めていない。共通の趣味、話題、…

どうして彼氏が出来ない?の巻14

雄大:「2件目…行けそう? 」 思わず固まってしまった。私は!!!!!!2件目に誘われた?!この人といたらもう、心臓がもたないぜぇ… 明子:「うん!行こ行こー!」 そう言って私たちは2件目に行くことになった…のだが。ここに来て私は雄大の優柔不断さに違…

どうして彼氏が出来ない?の巻13

私のせいで肉塊となってしまった鍋を食べて、2時間が経過した。店員が「そろそろお時間ですので…」と言いに来た。 会計は7800円だった。雄大が5000円出してくれて、残りを私が出した。 お会計をしながら私は考えていた。 世間の付き合っていない男女は どう…

どうして彼氏が出来ない?の巻12

19:32)明子:「ごめん、今気付いた!ちょうど今鍋が来たところで今作ったとこだから、すぐには合流出来そうにない席もこの前も話した通り増やせないみたいだし…30分くらい待ってもらえる?」 19:40)友達:「今、LINE見たー。もうちょっと早く連絡欲しかったわ…

どうして彼氏ができない?の巻11

明子:「えー!ごめんなあ。先に観ちゃったわあ(笑)」 むしろいっそのことまだ観てないとでも言っておいたらよかったのに! この私のバカ!!!!! と悔やんでいた。 雄大:「そういえばさ、今日友達20時に来るんだっけ??」 明子:「そうだよ!」 雄大:「そ…

どうして彼氏が出来ない?の巻⑩

明子:「雄大くんのタイプはどんな人?」 武士の決まりだ。聞かれたら、聞き返す。 雄大:「うーん、次付き合う人とは結婚考えたいから、ちゃんとしてる人かなあ。」 ちゃんとしてる、って全然わからねーよ、、、 雄大は去年の夏に別れた彼女がいると話してい…

どうして彼氏ができない?の巻⑨

私は雄大と合流した。 明子:「久しぶり〜!!って意外と背高いんだね!!!! 」 初めて出会った時は座ったままずっと話していたから、身長感がわからなかった。実際雄大は178cmあった。 久しぶりの再会、そしてまさかの高身長。 思わずタキってしまう。 雄…

どうして彼氏が出来ない?の巻⑧

だが、予約に至るまでに時間がかかったため時は既に前日となっていた。 雄大は18時から2人で、途中から1人増えますということで予約をしようとしてくれていたのだが金曜晩。席は2時間制。友達が来るはずの20時にはお店を出ないといけなかった。そして、前日…

どうして彼氏が出来ない?の巻⑦

もはや私は雄大のことが好きだった。 毎日連絡を取っていたから好きになった? …違う。 初めて見た時からタイプだった。 だからその時から確かに好きだった。 そして毎日連絡を取っていたから、 その「好き」が加速された。 しかもすごいスピードで。 友達と…

どうして彼氏が出来ない?の巻⑥

私のシフトが出た。 飲みに行く日は17時から空いてる!!!!!なんと、3人で飲みに行ける。やったー!また会える!と思った自分がいた。 そして毎日の雄大との連絡も続いていた。「お疲れ様ー」とか「おやすみ」「おはよー!」。それから「今日こんなことが…

どうして彼氏が出来ない?の巻⑤

そんな中、友達から連絡が来た。 友達:「明子!雄大くんと◯日に飲みに行こうってなったんだけど明子も来ない?◯曜と◯曜が雄大くんは休みらしくてー!」 …え? 雄大は私と同じように友達とも連絡を取っていたのか???しかも日にちまでもう決まってる感じ?…

どうして彼氏が出来ない?の巻④

朝起きて、ようやく私は返事をした。 明子:「おはよ!こちらこそありがとう♪私こそ微妙なタイミングでトイレ行っちゃってごめん!笑 めっちゃ楽しかったね!釣りはどう?」 また飲みに行こう、の社交辞令かもしれないこのフレーズには1回目で反応しないとい…

どうして彼氏が出来ない?の巻③

雄大が帰った後、友達と雄大について話した。 私はとってもタイプだった!!!どうしよう!!! と友達に伝えた。 ただ、友達もなかなか雄大のことを気に入っていたようだった。けど、お互いが思った共通点があった。 正統派すぎて私たちなんて 相手にされな…

どうして彼氏が出来ない?の巻①

先週、ファンタスティックビーストの続編が公開された。それで思い出した、というか今でも忘れられないというより…引きずっていた過去がある。ファンタスティックビースト公開記念として2年前のことにはなるが、いざ執筆する。 私はスイッチバーに一時期入り…

好き連呼男 ①

今回はいきなりデート、ではなく東カレで出くわしたこの同い年MARCHの男との話。 東カレでマッチングし、3日ほどメッセージ交換、そして翌日にアポとなった。いきなりデート並の素早さ。 隆之:「明子ちゃん、何食べたい?」 明子:「うーん、牛タンが食べたい…

いきなりデート 珍獣と出くわすの巻②

スーツの後ろ姿の男性。私はこの人に期待していた。が、すぐにあることに気付いてしまった。どうして日曜なのにスーツなの…?この嫌な予感は命中してしまったのだ。 振り向くとこんな感じの見た目。かなりびっくりした。びっくりしすぎて引いた顔をしてしま…

いきなりデート 珍獣と出くわすの巻①

今日も私はいきなりデートへ向かっていた。17時からの回。 何を食べようかと前日から楽しみにしていた。行く予定のお店の名物はミートボール。絶対それは頼んで〜〜、、、あとは相談しつつ決めよー! 前日は呑気にそんなことを考えていた。 今回のお相手は32…

職場からの紹介 最終章

土田は私にそんなに興味がなさそうだった。というか土田は女の子とそもそも話したことあるのか?と思えるレベルだった。とりあえず土田の私への興味のなさよりも私の土田への興味のなさの方がでかいのは間違いない。 土田:「3杯目頼んできます。何か頼みます…

職場からの紹介12

HUBに着いた。その日はサッカーの試合をやっていて、周りはイケイケな男女ばかり。明らかに私と土田はHUBで浮いていた。HUBのお酒はおいしい。たくさん飲める。だが私はレギュラーサイズを1杯とフィッシュ&チップスだけをオーダーした。なぜなら一杯だけ飲ん…

職場からの紹介11

なぜ私がHUB行きを思いついたか。それは単純明快。一杯飲めば帰れると思ったからである。ガヤガヤしているし、そんなに長居したい場所ではない。最高のパブじゃないか!!!!!! 土田:「ハ…HUBですか? 」 明子:「はい! 」 私は、え?何か問題でも?とい…

職場からの紹介⑩

私は見つけてしまった。想像以上にオタクな見た目の彼を。そしてオタクの中でもとにかく明るいオタク ではなく絶対根暗なオタクだ。 超絶気持ち悪い。 もう帰りたくなった。けど帰れない。先輩のお知り合いの方だ。そして私も来てしまったのだ。 明子:「初め…

職場からの紹介⑨

当日が来た。 土田:「着いたら連絡ください。 」 早速イライラした。 言われなくてもお前の顔なんてわからないから(土田はLINEのプロフィール画像無設定)着いたら連絡してるわ! お前は着いてんのか?!あぁ?! と思った。 明子:「遅れてすみません!もうす…

職場からの紹介⑧

「また連絡します。 」という石田の連絡を無視し、私は平和な、心穏やかな日々を過ごしていた。すると会う予定だった日のわずか3日後に 「 水曜以外はきつい感じですか?」 とまた連絡が来た。あんたに水曜以外空けてやんねーよ! なんて思いながら(実際土日…

職場からの紹介⑦

当日は私はバイト先から土田に会うために梅田へ向かおうとしていた。だが、電車の遅延により、20分は遅れそうになっていた。 明子:「お疲れ様です。今バイト先の最寄駅に着いたのですが、電車が20分くらい遅れそうです20:20頃に梅田に着きそうなのですが大丈…

職場からの紹介⑥

私たちは梅田で会うという約束をしていた。 梅田で行きたいところか…うーん。。。 私は行きたいお店が中崎町にあることを思い出した。 明子:「あの、私行ってみたいお店があって〇〇っていう名前のお店なんですけど。 」 と共にURLを土田に送った。予約しろ…

職場からの紹介⑤

会う予定にしていた週、私は仕事でトラブルに巻き込まれ結構落ち込んでいた。 そんなとき、土田と約束していた前日の木曜に土田から連絡が来た。 なんなら連絡が来るまで私は約束したことすら忘れていた。 土田:「お疲れさまです。明日は20時に大阪でいいで…

職場からの紹介④

けど、先輩の知り合いだから、せっかく紹介していただいてるんだから、ということで通常ならば即フェードアウトしていたであろうこの案件、真摯に向き合う必要があった。 明子:「水曜にしましょう(^^)梅田がいいです。」 聞かれてもいなかったがどうせ聞かれ…

職場からの紹介③

土田:「初めまして。紹介していただいた土田と言います。よろしくお願いします。」 なんとなく真面目な人そう、というイメージだった。 明子:「初めまして(^^)明子です。こちらこそよろしくお願いします!」 土田:「一度、ご飯を食べに行く話になっていまし…

職場からの紹介②

最初は先輩が、私とこの土田の伝書鳩となって、 いつなら予定が合うかを決めようとしてくれていた。 だが土日休みの土田と、アポのための休み、 というか何かない限り休みは作ってない私。休みが合うわけがない。 平日に行きたいです、と先輩に言った。 見ず…

職場からの紹介①

職場でいつのまにか私は”婚活してる明子ちゃん”というキャラになっていた。本当は職場だし、婚活キャラは出したくなかったのだが あーだこーだ話していたらいつのまにかそういう設定になっていた。(あ、実際もそうでした) するとある日、パートの先輩(アラフ…