20代看護師の初めての婚活@婚活グラム

初めての方はこちら(まとめて読めるよ)

アイシテル男

アイシテル男⑨〜最終章 なぜか振られたみたいになっていた裕子〜

正直いうと帰れたらいいやという気持ちしかなかったので一か月の延長などあり得ない。 サッカーのロスタイムじゃないんだから。 わたしはこれで終わったと思っていた。 あれほどしつこかったのに その後タロウから1通もラインは来なかった。 そして私はタロ…

アイシテル男⑧〜最高のデートを考えるから、それまで別れないで!〜

その後、タロウと何時間か話し合った。 タロウはこんな日なのに、「オレの家来て!一緒に帰ろう」と言った。 挙句、腕を引っ張られ、タクシーに連れて行こうとされたので私は全力で怒った。 裕子: 帰る タロウ: え!!じゃあ、送ってく 裕子: いらない タ…

アイシテル男⑦〜修羅場る〜

誕生日。 雨だった。 まるで私の心のようだわと、柄にもないポエマーなことを思いながらタロウと合流した。 タロウは、用事があり予定時間より遅れそうとのことで連絡が来た。 私は、その時間、近くの店によりデニムを2本買った。 自分で自分の誕生日祝いを…

アイシテル男⑥〜アーカーがほしい〜

明子に相談した。 明子:もうすぐ、誕生日だからそれまで頑張ろうよ!! と言ってくれた。 そう。私の誕生日が10日後程度に迫っていた。 私も明子も婚活においてある目標があった。それは、彼氏もしくは旦那となる人からアーカーをもらうことであった。 シャ…

アイシテル男⑤〜手を5回握るアイシテルのサイン〜

ある日タロウとデートに行った。 関西で有名な緑地公園である。 そこには大きい観覧車があり、有名な某塔も立っている。 私はそこに行ったことがないので一緒に行ってくれる人がいてそれは単純に嬉しかった。 手を繋がれた。手ぐらいはいいか。と思い繋いで…

アイシテル男④〜不必要なアイシテルのサイン〜

タロウと付き合うことになった。 私は毎日ラインをしたり、恋人っぽく「おはよ」「おやすみ」とかいうラインをするのが嫌いである。 なので、それは予め伝えておき、用件がないときは基本連絡をしません、苦手なので、と伝えておいた。タロウはそれを忠実に…

アイシテル男③〜告白されたので、好きじゃないけど付き合った〜

2回目も同じようにデートをして世間一般で言われる3回目のデートはスポーツ観戦だった。 3回目のデートというと、告白される?!ということが多いので私もそれなりに気構えた。 これまで2回のデートで、全て奢ってくれていたので悪い気はしていなかった。 時…

アイシテル男② 〜バブリーな年下男〜

タロウと一緒にいた少年は、タクヤ。 バーは、色々とエンターテイメントのアイテムがあるバーだったので我々は遊んだりしながらバーで飲んでいた。 どうやら、タクヤは明子のことが気に入っているらしい。 年下など眼中になかったのだが、タクヤは無口なわり…

アイシテル男①〜裕子が付き合ってしまった年下ボーイ〜

明子がノブと出会った街コンで私は年下ボーイと出会っていた。 その婚活パーティーはテーブルごとにグループになっていて男性が何分かごとに横にスライドして行くというありがちなスタイルだった。 少し早く街コンの会場についたわたしと明子は自分たちのテ…